今年(2017年)出会えた金の卵アーティスト

アーティスト
この記事は約2分で読めます。

今年はホント良いバンドに出会えなかった気がしますね。新しくって意味でね。だから今年はほんとアニソン漬けでしたね笑。そんな中でも出会えた若手バンドを年の瀬に紹介。

The Peggies

the peggies / グライダー(Music Video)

いきなりガールズバンド。今年はチャットモンチーの解散もあったので。まあ彼女らは全然チャットモンチーとは違うタイプですけどね。何年か前に初めて「グライダー」見たときから思ってたけど、

かわいいww

ビジュアルも、声も、演奏も、曲も、ファッションも、もう全部可愛い。でも、よくも悪くもそれだけのガールズバンドだったんですよね。だからたいして注目もしてなかったんですけど、最近メジャーデビューしたって言うじゃないですか、それで久しぶりに検索してみたら、

【世界初!】I 御中~文房具屋さんにあった試し書きだけで歌をつくってみました。~ / the peggies

何これ面白w

ってなりまして。これからはどういう路線でいくのかわからないけど、ちゃんと原宿系ファッション(?)という彼女らなりの芯もあるので安心して見てられる、ってことで2018年はペギーズ要チェック!

正直それほど好きでもないし、感動もしてないけど、話題性はあったので、あと「金の卵」ってのにもピッタリだったので、古舘祐太郎のバンド『2』をピックアップ。

2 – Family (Official Music Video)

サラバーズが好きで。それで、2も注目していたんですけど、期待は裏切らないものの、それ以上でもなくて、ちょっぴりがっかりましたけど、悪くはないです。やっぱり古舘くんのソングライティングセンスは健在で、アレンジの感じもほとんどサラバーズのまんまで、彼らがそのまま大人になったみたいな感覚で自分は聴いてます。不本意だろうけどね。

2 – ケプラー (Official Music Video)

Teto

今年のベストアーティストは文句なしでteto。なにがどうこうより聴いてみてカッコいいってなるから。

teto – 暖かい都会から(MV)

詞もいいし、曲も良い。久しぶりにバンドらしいバンドに出会ったと思ってます。詞の日本語もギリギリで、キーも限界ギリギリ。早口で張り上げるように叫んでる姿はめちゃくちゃかっこ良い。近年のバンドのなかではダントツでセンスあると思う。

teto – 9月になること(MV)

来年がたのしみですね、皆さん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました